MENU

マッチングアプリで会ったら告白は何回目?2回目?3回目?|約300人に聞いた最良のタイミング

マッチングアプリ出会って何回目で告白する?

マッチングアプリで出会った人と、何回目のデートで付き合うのが相場なのか?気になるところですよね。うかうかしてると他にマッチングした人に決められてしまうのでは…と不安になる男性もいれば、告白するの早すぎて無理と思う女性もいたりとタイミングが難しいところ。

本記事では実体験とマッチングアプリを活用する人達に付き合うまでのデート回数など相場を聞いてみましたのでご紹介していきます。

こんな人におすすめ
  • 彼氏彼女が早く欲しい
  • マッチングした人と良い感じ
  • マッチングした人と付き合いたい
  • 告白までの距離感がわからない
目次

告白のタイミングは?実際どう?

何回目で告白されたい?【女性】

Twitterアンケート結果(300人)
Twitter集計にて

Twitterでアンケートを実施し約300人から集計をとった所、多くの女性は3回目のデートという回答になりました。その中にはマッチングしてる人もそれなりにいて2回目以降も会いたいと思って会っているなら告白されたら落ち着こうかなと思う人も多いようです。

「逆に3回目で告白もされず、また遊ぶ約束しかしてないなら友達関係で終わりかなとか思う」「他に考えている関係があるのかなって思う」という意見もありました。会うまでにLINEや電話などアプローチが多い方は思い切って3回目のデートで腹を括っても良いのかも?

2回目のデートでの告白を待つ割合も高い

会って2回目で!?と思う男性も多いかもしれませんがマッチングから会うまでの間のやり取りの回数が多ければ多いほど会った回数(下積み)は重視しない人も男性女性で多いようです。

実際に筆者もマッチングアプリを活用して恋人を何度か作りましたが、2回目の雰囲気で告白ができるか見極め、いけそうなら2回目、様子見なら3回目と判断し大体2〜3回目の告白シチュエーションを作れた時点で勝ち確でした。(長続きするかは別)

何回目のデートで告白する?【男性】

男性の告白タイミングに関するアンケート278人
Twitter集計にて

男性アンケート結果(男性版は278人の集計結果)では約30%の割合で2回目と3回目のデートで告白するに票が集まりました。女性側のアンケート結果を踏まえると2〜3回目が相場なのかもしれません。

割と多い印象を受けたのは1回目で告白するを選んだ方たち。肉食なのか1回目でいけると思ったのか、はたまたアスペで相手の気持ちを度外視なのかわかりませんが勇者の割合も多いようです。

ちなみになる話

マッチングアプリを数多駆使する女性ユーザーに初手(デート1回目)で告白する男性の特徴を聞いてみました!

  1. 毎日のように電話をしてくる
  2. 連絡の時間にムラがある
  3. 妄想プラン癖が既に多い
  4. 会った時から馴れ馴れしい
  5. 可愛いや好きを連呼してくる
  6. 圧倒的な誉め殺し
  7. デート終わりにこの世の終わりのように惚れ込んだアピールをしてくる

聞いた特徴を7つにまとめると上記のような内容になりました。告白率の高い男性はLINEなどのやり取りが頻繁で既に会った事があるような感覚になりやすい人のようです。

マッチングアプリで会ってから付き合うまでの流れ

マッチングから付き合うまで

先述した内容で大体の割合がデートの2回目、3回目で付き合うかが決まるが分かることがわかったと思います。では実際に付き合うまでに過程で気をつけるポイントや脈があるか内科の見極め方法を紹介していきます。

告白までのフローチャート

STEP
初めてのデート(お茶)

LINE交換は必ず済ませておく。趣味やハマっていること、行きたい所を引き出し、次のデートの目的地などを具体化させる話をする。(今度〇〇行こうよ!、そこ一緒に行こうよ!等)

STEP
2回目のデートの約束をとる

2回目のデートの約束をすることをありきにラインを進めて問題ありません。主に2回目のデートまでのラインのやり取りは「次どこに行こうか?」がメインで何ら問題ありません。(相手優先としたやりとりでは切られる対象になるので注意しましょう。)

STEP
2日目のデートまでに通話をできるだけしておく

なるべく電話で話すことを心がけ会えない時間でも会っているような感覚になるようにするのがおすすめです。中には電話が苦手な相手もいるかもしれませんのでそれは相手の出方を伺いながらにしましょう。

STEP
2回目のデート当日

告白は1日の終わりに行うようにしましょう。雰囲気然り、まだ一緒にいたいとお互いに言い合える仲になっているなら告白するベストなタイミングと言えます。「まだ勇気が出ない」「早すぎるかもしれない」と思う場合は3回目のデートに賭けましょう。

告白前に確認したい!脈ありの見分けと告白までの注意点

マッチング後の脈アリナシの見極め

LINE交換を既に行っている

連絡を取り合う

1回目のデートの前段階で話がどれだけはずんでいるかはとても重要。特に女性はマッチング人数が多く、簡単にLINE交換をしない人の割合が多いです。

1回目のデートの前にLINE交換をしている場合は現時点での可能性としては脈ナシではないです。ただ、中には業者や交換までのハードルがない女性もいるのでそのかぎりではありません。(会う約束をしていれば可能性としてはゼロではない)

LINEの交換をしていない

LINEの交換をしていないから脈ナシとは限りません。先述したように会ってみてから交換しちゃんと連絡を取り合いたいと思う人は一定数いるからです。

その場合、初回での告白が成功する確率はとても低いと思った方が良いでしょう。ただし、あなたが超絶イケメンで魅力的な人間であれば話は別です。

初めて会う、アプリを通してしか連絡を取っていない場合はまずは信頼と興味を持ってもらうことに専念しましょう。

2回目デートまでの好意の見極め

毎日のように連絡を取り合う

お互いに連絡は疎らで多くを語り合わないという人以外は、基本的に楽しいと思う人と毎日のように連絡を取り合うものです。(豆な人が逆に無理だという人は後述を確認下さい。)

また、電話で実際に声を聴き合うのも脈アリかどうかを見極めるには十分です。特に電話は相手の行動を制限する好意ですので、それに承諾をしているということはあなたとの時間を確保することを容認しているともなります。(ただし暇なだけであったり、電話しながら他の人にLINEをするなどは十分に有り得ます。)

こちらの記事も読まれています!

初回デート以降連絡が乏しい

初回のデート以降連絡頻度が落ちた、反応が鈍い、話の波長がどことなく合わないといった場合は脈ナシになっていっている可能性が非常に高いです。

ただし、元から連絡頻度が少ないという関係性であれば気にしすぎることは無いはずです。また、脈アリであれば2日目のデートの約束もできるはずです。

連絡頻度が低いからといって執拗に連絡回数を増やしたりするのはNG。しつこい人や嫉妬深い人と思われて終了!!になる確率が上がるので要注意です。

2回目デートの約束は?どれくらい開ける?

2回目以降は早く会えるなら会うに越したことはありません。翌日だってOK。ただ、「自分だけが会いたい気持ちが強く」感情を先走りさせ相手の予定をこじ開けたり、気持ちを押し付けるのはNGです。

会う期間が短くても良いとは書きましたが、会う頻度が多いほど告白までに回数を重ねる必要があるパターンが生まれることも考慮しておきましょう。

2回目のデートで告白すべきか?の判断基準

デート中のカップル

過程を冷静に確認しよう

相手がどう好意を抱いているか、告白をしない限りは確認することができませんし、タイミングがズレれば脈アリだったのにその気じゃなくなったということもよくある話。

LINEでのやりとり(スタンプや絵文字の頻度や種類)や電話での口調を思い出し自分にどれだけ興味を抱いてもらっているかを判断しましょう。また、2回目のデートの一日の流れ相手の態度を総括して告白するか決めましょう。

お互いに楽しいと思えるなら告白する

「鉄は熱いうちに打て」という格言があるようにお互いに楽しいと思える時間があるなら口に出すべきです。ただし、自分だけ楽しいと思ってると確実にふられます。

例えば、デート時間の前半は少し不機嫌だったけど後半は機嫌が良くなっているといったシチュエーションは要注意。

体調の良し悪しもあるので一概に好意の判断基準とは言えませんが、相手がまだ様子見段階で気持ちが安定しないなら告白されても気持ちが乗らずフラれる可能性はかなり高いです。また、体調が悪くてデートの半分が楽しめなかったのであれば告白という行為ではなく今日は大丈夫だった?という気遣いの方が後の勝率が上がります。

デート後に告白しない方が良いタイミング

飲み友になる

以下のシチュエーションになった場合は脈ナシにチェンジしている場合があり、お友達にしかなれないケースが多いです。

  1. お互いの恋愛観の話になる
  2. アプリの近況の話になる
  3. 飲みに行こうしか言わない

このような内容の会話が多い場合は彼氏候補というより話をよく聞いてくれる異性の飲み友にしかなりません。回数を重ねても恋人になれる可能性は非常に低いので次の候補を探すことも検討した方が良いでしょう。

3回目のデートでの告白するかの判断基準

3回目こそ会うタイミングを早める

一概には言えませんが、2回目のデートから3回目のデートまでの空き具合、連絡の質で決まるといっても過言ではありません。

2回目のデートからかなり時間が空き、連絡も頻度が落ちているなら別の異性を相手にしている可能性が高く、次回会った時はお友達に分類されている可能性があります。(最悪約束しているのに前日までに何かしらの理由で断られる可能性もある)

逆に連絡の質(やり取り)も上がっており、もういつお互いに好きと言ってもおかしくない状況なら早めにスケジュールを組み告白に至った方が良いでしょう。

告白成功のパターンと失敗パターン

LINEでの告白は遊びならOK?

真剣な交際を目指すなら会って直接告白した方が誠実さを訴えることができますし、本気度を伝えることができます。夜の落ち着いたシチュエーションなら雰囲気も後押ししてくれる場合もあります。

一方でLINEでの告白は学生感が抜けず、既に社会人として大人になっている人からすると本気度が伝わりにくい傾向があります。年齢が20代半ば以降からは失敗する可能性があるので注意。また、LINEはお互いの気持ちが同調しているタイミングが分からないので成功率は低いです。

自分は良い雰囲気でラインしていると思っても、実際は相手が忙しかったり気持ちが乗らず返してくれている場合もあることを忘れずに!

こちらの記事も読まれています!

冗談交じりに伝える

冗談交じりのやり取りは漫画や妄想の世界だけにした方が良いでしょう。恥ずかし紛れに冗談めかして伝えると友達コースになりかねます。結婚して欲しいなど、飛躍した告白もマッチングアプリで出会ったもの同士だと本気度が伝わりません。

スキンシップを既にとっているならOK?

楽しく日々の連絡の取り合いやデートはもちろん、「既に手を繋いでいる」、デート中に「くっついて座る場面がある」などスキンシップを既に取り始めているなら告白待ちの状態と考えるのが一般的。

中には誰にでもスキンシップを取る女子や男子がいます。「ただ今を楽しみたいだけ?」「自分にだけしてるのかな?」など分からない人は誰にでもそうなの?とあえて聞くのも戦略のひとつ。

告白は何回目?まとめ

2回目もしくは3回目が理想!

マッチングアプリで出会った男女はお互いに1人の相手をしているとは限りません。常に3人以上同時進行という場合もあり、やはり熱量の高い異性が選ばれます。

マッチングアプリ告白は2回目?3回目?
早い告白は人によって誠実さとも捉えられる

他のライバルよりも早く、「好きです」を伝えることで、気になるかもという気持ちから「この人は私を好きと思ってくれている」というのが具体的になり意識を強く向けるきっかけとなります。ライバルに先を越されると不利になる傾向が出てきますので思い立ったら行動した方が吉。

ただし、関係が熟していない状態で「好きです」と伝えると「まだ全然進展してないのに?」と思われてしまい、ドン引きされてブロックされるなんてことも。焦らない気持ちも大事ですが、責める気持ちも大事です。男女関係なく、気になる人から好きな人へ変わったのなら男らしく行動したいものですね!

告白レベルまで行っていない人はこちら

ポイント課金制の厳選マッチングアプリを紹介!

アプリおすすめポイント
ワクワクメール
ワクワクメール
【評価
ログインボーナスでもptゲット
・毎月メールでポイントが無料でもらえる
・初回登録で120ptゲット

レビューはこちら
ハッピーメールの評判
ハッピーメール
【評価
出会える確率75%以上!
・口コミ評価10社中1位を獲得!
・初回登録で120ptゲット
YYCの評判と口コミ
YYC
【評価
若い世代が揃いやすい!
・男性がガッツかなくても会える!
・初回登録で300ptゲット

レビューはこちら
イククルの評判と口コミ
イククル
【評価
パパ活もできる!?
・即日出会うのに最適!
・初回登録で800円分のptゲット!

レビューはこちら
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる