remarry STYLE コラム

remarry > 出会い方講座 > プロフィールの書き方編1

プロフィールの書き方編1

remarryは、離婚経験のある方限定のソーシャルマッチングサービスです。言い換えれば、一度以上は結婚したことのある人の集まりです。性格の不一致や環境の問題、DV、死別など、辛い思いをされた経験を持ちながらも、次のステップを歩み出そうとしている方々がremarryをご利用頂いていると思っています。そして、恋愛においても素人ではありません。過去に結婚していて、恋愛、そして家族としての協調性、忍耐、様々な経験をして今に至っているはずです。こうした経験をお持ちのみなさまが集まっているからこそ、「共感できること」が居心地の良い出会いになるかもしれません。今回は、その「共感」にスポットを当てたプロフィールの書き方について考えてみます。

誰かと共感できた時っていうのは、やっぱり嬉しい瞬間です。ただし、その感情は無理をしても得られません。自分が好きなこと、好きなもの、好きな場所など、自分にとって大切に思うことを相手にうまく伝えられているかが大切なポイントだと思います。そのためには、一度振り返ってみて自分の大切なことを丁寧に言語化してみてください。

例えば、「映画が好き」という人の場合、

なぜそれが好きなのか?・・・現実逃避できるから。疑似体験できるから。

好きになったきっかけは?・・・「フットルース」という映画を見て鳥肌が立って以来の映画が好き。

いつそれを体験しているのか?・・・金曜の夜は開放感もあって連続で2本くらい観ることもある。

どんな内容が好きなのか?・・・難しいストーリーよりも、とにかく笑えるストーリーに元気をもらえる。

というように、ただ「映画が好き」というよりも、どれくらい好きなのか、普段どうその映画と接しているのかなどを言葉にすることで、それを読んだお相手はあなたと映画を見るとどう過ごせるか、またあなた自身をイメージします。あなたが好きなことに対して感じていることを言語化することで、相手との共感もより深くなり、あなたへの興味に変わることもあります。

もちろん、相手の話を聞き、相手の話に合わせることも必要かもしれません。それでも自分の大切なものやこと、場所などに深く共感してもらえる準備をすることで、あなたが特別な存在として映りやすくなります。いわゆる自分の棚卸しですね。なぜ、いつから好きなのか、どうやってそれと接しているか、どこでそれを行なっているのか、どんな内容が好きなのか、といったよく言われる5W1Hを応用して、自分の好きな事や物を言語化してみてください。きっと誰かが共感してくれると思います。

ダウンロードはこちらから

remarryは、離婚経験者かつ20歳以上で現在独身の方向けのサービスです。
Apple、Appleのロゴ、iPhoneは米国もしくはその他の国や地域におけるApple Inc.の商標です。
App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
Google Play及びGoogle PlayロゴはGoogle LLCの商標です。

一覧を見る

MEDIA NEWS

[ リマリーの社会貢献 ]

2度目はもっと、うまくいく。

トップへ