COMPANY 運営会社について

remarry > ごあいさつ

ごあいさつ

はじめまして、morrowの米田です。

私は2007年、バイザー株式会社というIT企業を立ち上げました。
ITの高い利便性をわかりやすく人々に届けたいという想いから、高速一斉メール配信サービスの開発に着手し、国、自治体、警察、学校、金融機関といった公共機関からの高い支持を頂きました。

公共機関には多くの制度が用意されていますが、それらを伝える手段は多くなく、また受動的であることも少なくありません。そこで、こうした意義のある情報を「知ることで明日は変わる」という想いを持って、誰もが慣れ親しんだメールという手段で簡単に、安全に、いち早く届けられるサービスとして事業を展開しました。10期を経て上場準備の最中でもあった2016年8月に、M&Aにより全株式を譲渡し代表を退いた後、翌年morrowの設立に至りました。

新たな会社でも同じ思想で、時代ニーズにフィットしたサービス提供をしたいという想いのもと、remarryの企画、開発に至りました。少子高齢化、働き方改革、多様性への対応、地方創生・・・日本の労働・生活環境において大きな変革期を迎える中、安心して気兼ねなくお互いのパートナーを探すことができるソーシャルサービスとして普及することを目指し、安定した生活、子供の増加、移住など様々な社会的テーマに貢献できれば嬉しく思います。そして皆様のご意見を頂戴しながらサービスを成長させていきたいと思っています。みなさま、どうぞご支援、ご指導よろしくお願いいたします。

morrow株式会社 代表取締役CEO 米田 昌弘

運営会社  morrow 株式会社
​設立    2017年4月18日
所在地   東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー4F
代表取締役 米田昌弘(masahiro.yoneda CEO/Founder)
資本金   3200万円
事業内容  remarry企画・開発・運営、M&Aコンサルティング
顧問弁護士 朝倉理紗(早稲田リーガルコモンズ法律事務所)
​取引銀行  三井住友銀行 日比谷支店

代表者略歴

  • 2007年 バイザー株式会社を設立、代表取締役CEO就任(本社名古屋市 支社 東京、沖縄、岐阜 資本金40,000,000円)
  • 高速一斉メール配信エンジンを自社開発し、クラウドサービス「すぐメール」として全国350以上の地方自治体、6,000以上の教育機関、30以上の都道府県警察本部、その他金融機関等の公共性が高い顧客を中心に事業を展開。
  • 2015年 海外展開としてJリーグアジア戦略を活用しタイ財閥系大手True Internet社と事業提携実施
  • 2015年 地方創生事業への着手として「熱意ある地方創生ベンチャー連合」参加
  • 2015年 H.I.S.を中心とした「地方創生観光プロモーションコンソーシアム」を立ち上げ理事として参加
  • 2015年 主幹事証券会社をSMBC日興証券、監査法人を有限責任監査法人トーマツとしたIPO準備に着手
  • 2016年 成長スピードを加速させるため戦略的なM&Aを実施、医療・介護保険分野のクラウドサービスシェアトップの実績を持つ株式会社ワイズマンへ全株式譲渡、同時に代表取締役CEOを退任
  • 2017年 morrow合同会社設立、CEO/Founder就任
  • 2017年 M&Aセンター主催セミナーに登壇(全国8カ所)

受賞歴

  • 2010年 すぐメール グッドデザイン賞を受賞
  • 2013年 新日本監査法人主催 アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー東海北陸代表受賞
  • 2014年 野村證券・有限責任監査法人トーマツ・十六銀行主催NOBUNAGA21最優秀賞受賞
  • 2014年 三菱東京UFJ銀行主催 Rise Up Festaインターネット・通信部門最優秀賞受賞

著書:保護者クレームはメール活用でゼロになる(幻冬社MC出版)

ダウンロードはこちらから

remarryは、離婚経験者かつ20歳以上で現在独身の方向けのサービスです。
Apple、Appleのロゴ、iPhoneは米国もしくはその他の国や地域におけるApple Inc.の商標です。
App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
Google Play及びGoogle PlayロゴはGoogle LLCの商標です。

MEDIA NEWS

オレンジリボン運動 子ども虐待防止
オレンジリボン運動への参加

「オレンジリボン運動」は、子ども虐待防止のシンボルマークとしてオレンジリボンを広めることで子ども虐待をなくすことを呼びかける市民運動です。オレンジリボン運動を通じて子ども虐待の現状を伝え、多くの方に子ども虐待問題に関心を持っていただき、市民ネットワークにより虐待のない社会を築くことを目指しています。2004年、栃木県小山市で3歳と4歳になる二人の可愛らしい兄弟何度も何度も父親の友人から暴行を受けていました。その顔を見たコンビニの店長さんが警察に通報したのですが、いったんは保護されながら、周囲の諸機関が適切な措置を取らなかったために9月11日ガソリンスタンドで再び暴行を受け、車の中でもさんざん暴行を受け息も絶え絶えの状態で橋の上から川に投げ込まれて幼い命が奪われるという痛ましい事件が起こりました。近年、虐待に苦しんでいる子どもが増加し、このように子どもが虐待を受け命を失ってしまうという事件が年間60件近くも起きています。

離婚経験者限定ソーシャルマッチングサービス「remarry(リマリー)」を運営する中で、シングルマザー、シングルファザーのご利用者も多くいらっしゃいます。マッチングが進む中で、お互いのことだけをよく知るだけでなく、その利用者のお子様についても理解を深め、愛情を注いでいただくことでより素敵な新しい家族を築くことにつながればという想いで、微力ながらオレンジリボン運動に参加させて頂いています。

2度目はもっと、うまくいく。

トップへ