remarry STYLE コラム

remarry > コラム > 人生の軸をつくろう > 保護犬、保護猫と家族になろうよ

保護犬、保護猫と家族になろうよ

2020.9.3

コロナ禍のStay home中には、ネット通販、飲食の宅配、オンライン動画やコミックなどのサービス利用が増えました。そのなかで、人気となったのがレンタルペットサービスです。緊急事態宣言下で、ペットのお散歩なら外出しやすい雰囲気もありましたし、お籠り生活のなかで動物によってもたらされる癒やしを求めていたと感じます。

Stay homeや在宅勤務をきっかけに、動物を家族に迎え入れることを真剣に考えている方もいるではないでしょうか? そんな方には、新しい家族との出会いの場を、ペットショップだけでなく、保護犬や保護猫などの譲渡も、ぜひ選択肢に入れてほしいなと思います。コロナ禍は人間だけでなく、動物たちにも影響が及んでいます。特に、緊急事態宣言や感染対策で全国の動物保護団体による譲渡活動が中止や自粛を余儀なくされています。また、どうしても里親探しは対面による動物とのマッチングや面談、お試し期間などが必要になるため、譲渡活動は多くの制限を伴います。そのため、保護犬や保護猫などの新しい家族さがしは難航してしまっている現状です。

remarryにも、保護犬、保護猫を迎えているスタッフがいます。スタッフのひとりは、先代犬を見送った後に、引き取りがなかなか決まらなかった足に障害のある老犬を迎えたそうですが、里親になる前に保護団体の方と沢山話しをして不安なく迎え入れる事ができたそうです。保護犬や保護猫は、団体にてトイレトレーニングや避妊手術、予防接種などの実施や、保護団体の方と家庭での生活を経験させ訓練を受けています。何よりも、それぞれの個性や長所、短所も把握できる点も、ペットショップ購入と違うメリットであり、しつけ面で不安のある方も安心だと思います。

もし、保護動物も気になるという方がいたら、オンラインでも多くのワンちゃん、ネコちゃんに出会えるサービスをまずチェックしてくださいね。

ペットのおうち 

OMUSUBI 

ベテリナリーアドプション

他にも、各自治体の動物愛護センターの公式サイトでも、保護犬や保護猫の紹介だけでなく、飼い方やしつけ教室などが開催されていますので、保護犬や保護犬を迎える上での不安や知識を学ぶこともできます。そして、迎え入れると決めたら、必ず最期まで家族として責任をもって犬生、猫生を見守ってあげてください。素敵な出会いがありますように・・・

ダウンロードはこちらから

remarryは、離婚経験者かつ20歳以上で現在独身の方向けのサービスです。
Apple、Appleのロゴ、iPhoneは米国もしくはその他の国や地域におけるApple Inc.の商標です。
App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
Google Play及びGoogle PlayロゴはGoogle LLCの商標です。

一覧を見る

MEDIA NEWS

[ リマリーの社会貢献 ]

2度目はもっと、うまくいく。

トップへ