remarry STYLE コラム

remarry > コラム > お金のこと > 新しい春に、新しいお財布を!~お財布を新調して家計を見直す~

新しい春に、新しいお財布を!~お財布を新調して家計を見直す~

2020.3.25

3月14日、東京で桜の開花宣言が発表され、すでに靖国神社にある標本木は満開を迎えています。2020年の宣言は、統計開始依頼、最も早い開花となりました。

今年は新型コロナ感染拡大を抑止するためにも、東京都では花見の自粛を求める呼びかけもあり、入社式や入学式といった式典も中止され、例年通りに心から穏やかな春を楽しむという雰囲気にはなれないかもしれません。また、新型コロナ感染による世界規模で経済ダメージは大きく、remarry世代の方、特にシングルマザーやシングルファザーの方は、子どもの生活を含め、毎日の暮らしや近い未来における経済不安が募るばかりかもしれません。

こうした時にこそ「まさかの時に、粘り強い家計」を考え直してみてはいかがでしょうか。そのきっかけにとして、

春財布で、縁起を担いでみる

春という季節の変わり目に、お財布を新調すること「春財布」と言います。「張る」という言葉にかけて、お財布が張る、つまり膨らむという金運上昇の願掛けが込められています。最近は、電子マネーが普及していて現金を持ち歩くことも少なくなり、ミニ財布がトレンドです。電子マネーやクレジットカードであれば、支出管理がデータとして可視化されるので、家計管理も簡単だし、還元もあったりでなかなかのメリットです。とはいえ、電子マネー派も意外とデータ任せで実は見逃していることもあるかもしれません。

春という縁起の良い季節に、お財布を新調して家計見直しをしてみませんか?新しいお財布を手にすることで、自ずとお金に丁寧に向き合う機会になるのではないでしょうか。

・レシートやポイントカードでいつも膨らんでいるお財布

・会計のときに必要なカードや小銭がみつからないお財布

・ポケットにいれてお尻の形に変形してしまったお財布 

・お財布は、いつもかばんの中にいれたまま 

電子マネーを使う頻度が多くても、手元にあるお金の家は、やはりお財布です。お財布を丁寧に扱うことで、お金も居心地が良いと思いますし、何よりも整理されたお財布なら、お金の出入りが見えやすくなります。ただ、単に家計簿を眺めるだけでなく、新調したお財布を手にすると、節約も倹約も頑張ってみようかなというモチベーションにもなるでしょう。

さて、この春にお財布を新調しようと思ったremarry世代の方は、立夏を迎える前の5月初旬までに、お気に入りのお財布をみつけてくださいね。

春財布のことが、もっと気になるあなたには

【参考サイト】春財布の購入時期は?(開運net)

ダウンロードはこちらから

remarryは、離婚経験者かつ20歳以上で現在独身の方向けのサービスです。
Apple、Appleのロゴ、iPhoneは米国もしくはその他の国や地域におけるApple Inc.の商標です。
App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
Google Play及びGoogle PlayロゴはGoogle LLCの商標です。

一覧を見る

MEDIA NEWS

[ リマリーの社会貢献 ]

2度目はもっと、うまくいく。

トップへ