remarry STYLE コラム

remarry > コラム > 子どものこと > まもなく、新学期〈第四弾〉 ~おそすぎないうちに~

まもなく、新学期〈第四弾〉 ~おそすぎないうちに~

2020.3.4

新型コロナウィルス対策として一斉休校が始まりました。休校による影響は、子ども、保護者だけでなく子どもに関わる多くの方に心身への負担が多くなっています。ご家庭では、休校期間の過ごし方をお子さんと話しあったり、準備に追われたりする週末を過ごされたのではないでしょうか。

この状況に対して、企業や塾、自治体も、子どもたちのための支援を早々に始め、みんなで協力して緊急事態を乗り越えようと努めています。

【引用元】臨時休校支援「ワタミの宅食」小中高生対象に商品無料でお弁当お届けを決定(PR TIMES)

しかしながら、卒園や卒業という人生での大事な節目については、当たり前のかたちで経験することなくできない現状には心が痛くてたまりません。

なくしてしまってから その大切さに気付いて
くやんだり かなしんだりしても おそすぎるよ
もしかしたら いちばん この世で大切なものは
ふだん あまりに 身近すぎて 
気にも 留めていないかも
今ある 全てのものは 当たり前なんかじゃなく
今ある 全てのものが 奇跡的にあるとしたら
きみは どうやって それを 守るだろう
おそすぎないうちに 間に合う今のうちに
できるかぎりのことをしよう
生まれてこられたお礼に
 
なくしてしまってから その温かさに気付いて
くやんだり かなしんだりしても おそすぎるよ
もしかしたら いちばん この世で大切な人は
当たり前と きめつけてて
いる と 疑わないかも
生きてる 全ての人は 何となくなんかじゃなく
生きてる 全ての人が ぎりぎり生きてるとしたら
きみは どうやって それを 愛すだろう
おそすぎないうちに 間に合う今のうちに
できるかぎりのことをしよう
生まれてこられたお礼に

これは、卒業式でよく歌われる「おそすきないうちに(作詞作曲 中山真理)」という合唱曲です。歌詞からは様々な情景が思い浮かぶと思いますが、まさに今、私たちが置かれている状況に対しても考えさせられます。

『きみは どうやって それを守るだろう
おそすぎないうちに 間に合う今のうちに
できるかぎりのことをしよう 生まれてこられたお礼に』

子どもたちが多くの我慢を強いられるなかで、大人の都合で行動したり、情報に踊らされることなく、ひとりひとりがお互いを思いやり、できることを丁寧に行うことだと思います。子どもたちは卒業式を通じて、家族や仲間、多くの教職員、地域住民の方々の支えがあったことを改めて認識し、支えによって生かされていることへ感謝という思いを抱く、成長にとっても大切な時間です。だからこそ、1日でも早くこの事態が終息するためにも、子どもたちや私たち自身が後悔しないように、分別ある大人としての振る舞いに努めていきませんか。

ダウンロードはこちらから

remarryは、離婚経験者かつ20歳以上で現在独身の方向けのサービスです。
Apple、Appleのロゴ、iPhoneは米国もしくはその他の国や地域におけるApple Inc.の商標です。
App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
Google Play及びGoogle PlayロゴはGoogle LLCの商標です。

一覧を見る

MEDIA NEWS

[ リマリーの社会貢献 ]

2度目はもっと、うまくいく。

トップへ